FC2ブログ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

プロフィール

ドン吉

Author:ドン吉
自転車で遊んでいるうちに富士山への登山をきっかけに山登りを少し始めていましたが、家庭の事情により長い時間の外出が難しくなり、自転車も山登りもお休み中。
日々の気が付いたことなどを気まぐれに綴ります。

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

日々の此れ
タイトル「自転車って楽しいねぇ・最近は山登りが楽しいねぇ」あらため「日々の此れ」。家庭事情により自転車も山登りもお休み中の日々の出来事などを気ままに綴ります
2015年ゴールデンウィークのまとめ・・・
2015年のゴールデンウィークをまとめて・・・^^;

20150502golden1

20150502golden2

20150502golden3

20150502golden4

20150502golden5

20150502golden6

野山に咲く、お花のおベンキョー有り~ぃの、



20150502golden7

20150502golden8

宴会&カラオケ有り~ぃの、


20150504golden9

昼チャリ有り~ぃの、



20150504golden11

鯉のぼり有り~ぃの、



20150504golden10

取り締まり有り~ぃの。


以上、コールデンウィークのダイジェストでした。
3連休の行動は・・・

ポチっ。お願いです。

3連休だった週末。

土・日は、恒例の24時間ゆめリレーinひらつか
201400913a
もちろん、ランナーとしてではなくて、チームのお手伝い、記録係。

もともとは、約20年前に当時の勤め先の部署の先輩たちが、神奈川国体を機に社内でチームを作って

平塚の運動公園で開催されていた24時間マラソン(主催者が今とはちがったかな)に出場したのがキッカケ。

その翌年に、先輩から

「お前もなんか手伝え!」

というお達しをいただき、マネージャー登録されて雑用係として参加するようになった。


当時の主な役割は、たすきリレーが円滑に行われるよう、次の選手が休息しているテントまで

呼びに行くことだった。

なにせ、24時間走りっぱなしだから、疲労困憊で夜中に寝過ごしちゃってたすきの中継場所に

現れないメンバーがいたりするからねぇ。。。


そして、ボランティアが提供してくれるパスタやバナナなどの食料を順番が来たら取りにいったり、

大会のミーティングに出席するなどの役目もあったのだけど、当時はメンバーがみんな若かったので

彼女や新婚の若奥様も来ていたり、社内の義理応援メンバーも多かったので、こまごまとしたことは

俺がやることもなく、暇を持て余すようになったので、

「それならば・・・」

と、選手のタイムを計り、記録をとるようになったのが始まり。


その後、俺はジムニークラブのイベントと日程が重なることが多くなってしまったので、

数年、間が空いてしまったのだけれど、ジムニーを降りたのを機に、またお手伝いする

ようになった。


年を重ねるにつれ、出世したり、転勤になったり、転職したり・・・と、それぞれ職場がバラバラになり、

気が付けば、義理応援の方々もめっきり減り、ましては雑用をお手伝いしてくれる方は皆無になっていて、

記録取りに執着している俺の食事や飲み物の世話を選手のほうがするという、本末転倒な状況にここ数年

なっていたりしたのだけど、どうやらそういう状況も今回で終わりになりそう。


というのも、1時間ごとに大会本部のテント前に張り出される途中経過をノートに記載していたら、

その横に大きなQRコードがプリントされている紙が張り出されていて、試しにそのQRコードをピッ!

とスマホに読み込んだら、リアルタイムで選手たちのラップタイムが表示される、というサービスが

始まっていた!


っていうことは、どの時間に誰が走っていたかという、タイムと選手の引当する必要はあるけれど、

ストップウォッチ片手にたすきリレーする中継場所に張り付いてタイム計測する必要はなくなったって

ことで、選手に俺の食事の心配をしてもらうこともなくなるし、完徹しなくても良い。

恐るべし、IT技術! おかげで記録係はお役御免となりそうだ。


正直、完全徹夜は、夜が明ける直前と日が昇ってからしばらくしてからの2回、どうやっても眠くて

気を抜くと寝落ちてしまいそうになるし、大会が終わって車に乗り込んで、暑さを感じなくなる快適

空間に身を置くと、忘れていた眠気が呼び起されるし・・・


来年(あるのかわからないけど)からは、違ったことができそうだねぇ。



ながくなってしまったけど、そんな土日を過ごして迎えた月曜。祝日敬老の日。

「少しは敬いなさい!」

という両親の言葉に、

「日頃からいつも敬っているのでこれ以上敬えないよ!」

とガキのような回答をして・・・(笑)


少し前に神奈川テレビの山のぼり大好き!という番組でやっていた丹沢の塔の岳の回のときに出てきた

登り口にある見晴し茶屋というところまで行ってみたいというので我が家の老人クラブを引率してハイキング。

201400915a
戸川公園まで車で行って、そこから往復約5kmの登り下り。

201400915b
目的地の見晴し茶屋に到着しておにぎりを食べて少し休憩して帰路へ。

201400915c
お天気がスッキリとしなかったけれど、そんなに暑くもなく、寒くもなく快適なハイキングができたヨ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ちょっとザワザワ・・・

ポチっ。お願いです。


なんか残念なお天気ばかりで、今週は自転車も山も無し。

昨日の土曜は、用事で車を走らせていたら、いきなりの雨。

どうやら、俺が走っていたあたりだけが集中的に雨だったようで、

戻ってきたらウチのあたりでは路面がほとんど濡れてなかった。


車、洗ったばかりだったのにねぇ・・・。




さてさて、ランクル70が先日30周年記念で1年限定で再販されはじめたねぇ。

201400907a
こんな初代プラドのような写真をみて、

「やっぱりねぇ」

なんて思っていたら次に出てきた
201400907b
オーバーフェンダーのないボディに鉄ちんホイール、そしてリブラグタイヤ・・・

201400907c
こんなピックアップの写真を目にして、心がちょっぴりザワザワ^^;


思わずカタログ請求してしまった(笑)
201400907d

5m超の大きなボディサイズで、4.6リッターの大排気量ガソリンエンジン、しかもハイオク仕様なんて、

とてもじゃないけど無理。

買う気がないのに、カタログだけもらちゃってごめんなさいね、トヨタ様 m(_ _)m

201400907e
こんな鉄チン風アルミホイールが用意されているのも憎いねぇ(笑)

カタログは家宝にしますm(_ _)m



それにしても、あらためてカタログ寸法みると、こんなにデカかったかねぇ。



昔、このロングのバンタイプをホーシング逆付とか言っちゃって、痛いショップで2階建てのようなランクルに

改造して乗っていた仲間がいて、夜な夜な河川敷のオフロード走ってたら、リアのプロペラシャフトがモゲて

走れなくなっちゃって、JAFを半ば騙して河川敷のすごい凸凹まで連れてきてレスキューしたり、

狭い山道で、斜めに道を塞いで動けなくなったそのランクルを、俺が持っていた500kgまでしか引けない

チルホール(ハンドウインチ)をワイヤーをトリプルにして、無理やり真横に引っ張ってUターンさせたり

したことを懐かしく思い出しちゃったねぇ。


そんなことして遊んでたから、俺の乗っていたジムニーは、ライトの光軸が調整できないほどフェンダーまで

ぐちゃぐちゃになっちゃって、
20140907fa
某オークションでフロントフェンダーの中古を落札して、自宅前で交換する羽目に・・・


当時はこれはこれで楽しかったんだけどねぇ^^;



懐かしいことを思い出すきっかけになった、ランクル70の30周年再販の話題でした・・・。


※ランクルの写真はすべてカタログより





テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

似ているからって・・・

ポチっ。お願いです。


9日の土曜日。

昨年、富士山へ一緒に登ったSさん達と久しぶりに丹沢の鍋割山へハイキングの予定だったのだけれど、

昨日の夕方の予報では、「土曜日のお天気は雨」となっていたので、延期に・・・。


でも一日ほとんど雨降らなかったからハイキング行けたねぇ・・・

まぁ、ウチのあたりのお天気と鍋割山あたりのお天気が一緒だったという仮定した場合の結果論だけど。





さてさて・・・

先日、同じ町内の何かと問題になっているお宅の屋根の一部が突然崩落してご近所騒然となる出来事があった。

風が強い日でもなく、雨が降っていたわけでもなく、おだやかな晴天の日の朝。

ごみの収集場所のすぐ隣にあるその家。

朝、ごみを出しに来た人たちが

「なんかミシミシ音がしますねぇ」

なんて話をしていたら、轟音とともに屋根が2度にわたり崩落してきたという。


俺は、自宅でその轟音を2度聞いていて

「近所で物置でも壊しているのかな?」

とおもっていたら、近所の人が

「○○さん家の屋根が崩れた!」

と教えに来てくれた。



その○○さん家、まだ築年数20年そこそこのはずだから、突然崩落するほど老朽化していないはずなのだが、

屋上がベランダになっていて、そこに土を置いて草やら木やらを植えていたらしく、

朝に夕にベランダでジャバジャバ水まきしていて、面している道路を歩いている人や車に

その水がかかることがよくあり、俺を含めてご近所の人はその被害によくあっていた。


屋上ガーデニングをしているくらいだから、てっきりコンクリート造だと思っていたのだが・・・

崩落してきた破片をみてこれまたビックリ!

木造モルタルw

さすがに柱は鉄骨のようだから、家全体が腐って崩落することは当分なさそうだけれど、

木造なのに毎日水をバシャバシャかけてたら、そりゃ腐るやねぇ^^;


どうやら、近所に鉄骨鉄筋のへーベルハウスのお宅があって、

そこも屋上ベランダでお花やらをおいてあったから、同じような家のカタチだし、

同じような使い方ができると思っちゃったんじゃねーの?

というのがご近所皆さんの見解。


カタチはにていても、木造とコンクリート造じゃ全くの別物。

同じように使えるわけじゃないよねぇ・・・。

この崩落は、どうやら住人の知識というか常識不足が引き起こしたようだねぇ。




そういえば、少し前にキャンプ場で増水した川に高級SUVが流されて、3人死亡するという事故もあった。

実際にその現場にいたわけじゃないから、どれくらい増水していて、どれくらいの川幅になっていて、

どれくらいの流れになっていたのかはわからないのだけど、

四駆に乗っていたころ、若気の至りで実際に今回の事故現場近くの川で増水して1m超になった

ボンネットの上まで水が被るような川を渡ったこともあるし、自分の胸くらいの深さの水たまりに

車を沈めたこともある経験からいえば、ナナメ下流に渡ろうとすれば、前進している限り、

簡単にひっくり返らないし、数十メーターもある川幅じゃなければ車って簡単に沈みもしない。


今回の事故には、不幸な条件がいくつもかさなってしまったのだろうけど、SUVというジャンルの

車種だったことも少なからず原因があったのではないだろうか?

たしか、その舶来製のSUVのカタログには80cm位までの川を渡れるようなことが書いてあった

気がするのだが、それは、地面が平でグリップが良いことが前提。


クロカン四駆というジャンルにとって代わってSUVというジャンルの車種が、あたかもクロカン四駆に

悪路走破性も勝るとも劣らないようなイメージ戦略で販売されているけれど、これもカタチは似ていても

同じことができるものじゃない。


タイヤひとつにしたって、外径の大きさ、パターン、エアボリュームが全く違うし、凹凸を乗り越えるには、

外径とエアーボリュームが大事で、SUVの履く扁平率の高い外径が小さく厚みの薄いタイヤはとても

不利になる。


そして、エンジンの空気を吸うインテークやエアークリーナーの位置。

悪路走破を大前提に作られていたクロカン四駆は、万が一ザブンと水の中に入ったときでも、

前進している場合は水が入りにくい位置に吸気口がついているし、電装系パーツも水に影響を

受けにくい位置にあるものが多い。


その辺がシティユースを重点に考えて作られているSUVとは大きく違うわけで、そもそも川を

渡ってその先へ行くというような使い方をしちゃいけない車種だという、知識というか常識を

乗る人がもっていなかったことも原因だと思うし、走破性が高いと勘違いさせるイメージ戦略を

しているメーカーにも重大な非があるのだろうねぇ。



ずいぶん、ゴチャゴチャ&ダラダラと長い文を書いちゃったけど、

要するに、カタチが似たものだからって、同じ使い方ができるものばかりじゃない!

ってことが言いたかったんだよね^^;



写真が何にもないのもさみしいので、
20140809
高速のサービスエリアのトイレ付近にあったツバメの巣。

よくこんな場所を見つけて巣をつくったものだねぇ・・・。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

天気の悪かった3連休・・・

ポチっ。お願いです。

天気がイマイチだった連休・・・

山登りの予定も、いつ雨が降ってくるか分からない不安定なお天気ということで延期・・・


先々週に知らず知らずのうちに痛めていた(らしい)左足の甲が。

まだイマイチだったので、ちょうど良い静養になった・・・と前向きにとらえておくことにしよう^^


山登りは行けなかったけど、せっかくの休日なので、

ここ何年も行っていない懐かしいところを訪ねてみようと思い、車でGO!

20140721b


途中で、先日雑誌で見て気になっていたハイキング(山登り?)コースの下調べに
20140721a
こんなところに立ち寄ってみた。

富士山駅・・・この前まで富士吉田駅だったような。。。^^;

観光案内所にいって、ココから富士山5合目までのハイキングコースについて尋ねてパンフをもらってきた。

もちろん、ココから富士山頂上まで登ることもできるのだろうけれど、そんな体力は持ち合わせていないし、


5合目から頂上については昨年登っているので、今年は1合目から5合目を登って、

とりあえず富士山コンプリート?!^^;

もう少し計画を練ってみようと思う。


富士山駅を後にして、懐かしい本栖方面へと向かう。

忘年会などのイベントのある毎にお世話になった民宿ふじやの前を通り過ぎ、
20140721c
まだ、本栖ハイランドの名前で施設があるんだねぇ。

オフロードコースだった頃、毎週のように通ったこともあった懐かしい場所。

そのころは、縦長の白地に黒い文字で本栖ハイランドって書いてある味も素っ気もない看板^^;だったけど、

看板はオサレになったねぇ(笑)

いや~その節はお世話になりましたm(_ _)m


懐かしさMAXになって、イベントのオフィシャルお手伝いなどのときに良くランチに連れて行っていただいていた

食堂にも行ってみた。

20140721d

元気に営業中で商売繁盛!!


ちょうどお昼の時間だったので、カツカレーを注文!

出てきたカレーのそのボリュームにちょっとたじろぎながら、食べ始めてから思い出した。

食している間に感じる、ちょっとしたこの格闘している感・・・(笑)

量が結構多いからねぇ、ここのメニューはどれも・・・。


懐かしいおいしさに満足&満腹になって店を出たあとは、R139へ戻り、朝霧高原、富士スカイラインを通って帰路へ。


ところどころで雨がポツリポツリと落ちてきたけれど降られるほどのことはなく、R246へ戻ってきて、路面がかなり

濡れていることにビックリ。

どうやらにわか雨を避けながらドライブしてきたようだねぇ^^



というわけで、今週は自転車も山登りもナッシング(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記