FC2ブログ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

プロフィール

ドン吉

Author:ドン吉
自転車で遊んでいるうちに富士山への登山をきっかけに山登りを少し始めていましたが、家庭の事情により長い時間の外出が難しくなり、自転車も山登りもお休み中。
日々の気が付いたことなどを気まぐれに綴ります。

最新記事

最新コメント

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

日々の此れ
タイトル「自転車って楽しいねぇ・最近は山登りが楽しいねぇ」あらため「日々の此れ」。家庭事情により自転車も山登りもお休み中の日々の出来事などを気ままに綴ります
【~回想中~】物欲達成は前倒しに(笑)GIANT ROCK5000購入!
~2008年春頃を回想中の記事です~

購入候補をジャイアントのROCKシリーズにターゲットを絞った俺は、いつものダイエットサイクリングルートの途中にある「サイクルベースあさひ」に立ち寄り、とりあえずGAIANTの総合カタログというものをもらった。

店員のにーちゃんに
・ダイエット(健康管理)で自転車に乗りたい
・本格的な山遊びは考えていない
・飛んだり跳ねたりには興味がない
って伝えてアドバイスをもらったらクロスバイクを薦められたのだが、「MTBが欲しい!」と伝えると
「それだったら、ディスクブレーキだと重たいからVブレーキ仕様のROCK5000のほうがいいんじゃないんスか?」
ということだった。

それから、2、3日はカタログを眺めたりインターネットでリサーチしたりしながらごまかしていたが、だんだん物欲のマグマは高揚してきてしまい、もうこうなると止まらない。。。

2008年4月10日、ダイエットサイクリングルートを折りたたみ自転車で走っていた俺は、サイクリング途中でカタログをもらった「サイクルベースあさひ」に飛び込み、勢いで念願のマウンテンバイクを注文してしまったのだった。

車種は、GIANT ROCK5000 

実は、カタログをもらってきて以来、最後まで迷ったのは同じVブレーキ仕様で「本格MTB」と謳われているXTC840と「本格派MTB」と謳われているROCK5000。当時のXTC840のフレームはROCKシリーズと同じALUXX。ギアも24段で同じ。ジオメトリーもほぼ同じ。素人の俺にはフロントフォーク(サスペンション)と値段が違うだけにしか思えなかった。

それと2008年モデルのXTC840はフレームのカラーリングが地味なイメージがあり、俺にはROCK5000のほうがかっこよく見えたのだ(笑)

注文してから約1週間後の4月16日 晴れてMTBに乗ることができたのだった。
納車したてのROCK5000 2008年モデル
引き取った帰り道で撮影したもの。スタンドもつけっぱなし。まだサイクルコンピューターはなし。


当時、日記代わりに付けていたメモを見ると、折りたたみ自転車を物置から引っ張り出して乗り出したのが3月30日。
ということは、自転車に乗り始めてから2週間チョットでMTBを買ってしまった。

最初の目標は、ダイエットサイクリングが1カ月続いたら。。。というつもりだったのに我ながら意志が弱いな^^;

実は自転車に乗り始める約1カ月前からウォーキングやランニングを始めていた。自転車に乗り始めたころは、疲労といきなり運動を始めたためにあちらこちら痛くなっていたりしていた頃で、何が何だか頭の中で時間概念がくるっていたのかもしれない。その証拠に今思い出しても折りたたみ自転車には相当長い期間乗っていたような気がする・・・

ROCK5000の納車と引き換えに処分に出してしまった折りたたみ自転車。たった2週間チョットしか乗ってならなかったかと思うと、今でも後悔が残る。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

【~回想中~】自転車ってこんな値段がするのぉ!?
~2008年の春頃を回想中の記事です~

キャップ(帽子ね)とジーンズでかっこよく決めたおねーちゃんが乗っていたマウンテンバイクを見て以来、「俺もマウンテンバイクが欲しい!」と思うようになったのだが、俺が自転車に乗る目的は「ダイエット」。。。

折りたたみ自転車をヘイコラ漕いでの約20kmのサイクリングが、この先も続けられるのか・・・ここが大きなポイントなのだ。

まずは「物欲を満たす前に自転車ダイエットを継続できるかを見極めよう」と自分に言い聞かせた。ある意味「マウンテンバイクが欲しい!」という物欲が20kmサイクリングをほぼ毎日継続するモチベーションにもなって居たのは事実。
ちょっとテンションが低めのときは、サイクリングに出かける前後にインターネットでマウンテンバイクのことを調べたりした。

ここで驚愕の事実が判明!これまで自転車にはほとんど関心のなかったので「ママチャリが1万円前後くらいだからその3倍も出せば相当良い自転車が手に入るだろう」と俺は思っていた。まさか10万円以下はエントリークラスと呼ばれ、数十万、中にはヒャクマンエンを超えるものもあると知って唖然としたのだった。

また、その辺のスーパーの店頭とかホームセンターで販売されているのはルック車と言われ、悪路を走っちゃいけないマウンテンバイク風自転車ということもわかった。

「見せかけだけのルック車は嫌だな~」と思いつつも、続くのかわからない自転車ダイエットのために大金を投資するのはいかがなものだろうか?」という思いが俺の中には大きくあった。

幼少期のころは、そこそこ恵まれていたので、おもちゃでも自転車でもそうだったが、選択肢がある場合は、必ずと言っていいほどは高価な方を買い与えてもらっていた。だが、おもちゃでも自転車でも、それを十分に使いこなせなかったり、遊び倒せなかったとき、または途中で飽きちゃったときの後悔というか、買ってもらったのに申し訳ない思いというか、自己嫌悪は大きなものがあり、そんなときは決まって「あのとき安いほう選んでおけばよかった」と思ったものだった。

また、だいたい「これが欲しい!」と物欲をゴール目標にした場合は、ゴールして物欲が満たされた時点でそのモノに対する執着がなくなることも多いというのが過去の経験からなんとなくあるので40歳のオッサンになってから、
「高価なマウンテンバイクは買った」「でもすぐに乗らなくなって物置に・・・」そんなマウンテンバイクを見るたびに自己嫌悪に陥る事態だけは避けたいと思った。

インターネットで調べていくうちに、各国の有名メーカーどころの自転車もエントリークラスのものは台湾製が多いことやGAIANTという台湾のメーカーが数多くのメーカーのOEMを手掛けていて、安価でもコストパフォーマンスの高い自転車を販売しているらしいと分かり、インターネットでさっそく検索・・・

一番ベーシックだけど、一応ルック車とは一線を画すフレームを持つROCKシリーズというのがあることを知り、この辺りだったら・・・とターゲットを定めることにした。

GIANT ROCK5500 2008年モデル

最初に購入を考えたGAIANT ROCK5500.黒いリムが格好良く見えた(笑)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

【~回想中~】キッカケになった折りたたみ自転車
~2008年の春頃を回想中の記事です~

ダイエットのための運動を自転車にしよう!と決めるキッカケになった折りたたみ式の自転車。
折りたたみ自転車
ビンゴの景品でもらったもので、10年以上もの長い年月、物置でアッチにやられコッチに吊るされ・・・と冷遇されていた。

物置から引っ張り出しタイヤに空気を入れただけで、ちょっとクランクが曲がっていて、チェーンとステーのところを覆っているカバーにクランクが擦っていたけれど、とりあえず乗ることができた。

10余年もの間、眠っていた折りたたみ自転車は、やっと自転車としてオーナーにその存在を認められてから、ほぼ毎日20kmあまりのダイエットサイクリングルート(命名:俺)を走ることになったのだった。

わずか1ヶ月間だったけど・・・

そのダイエットサイクリングルートは、若干の勾配を含むルートであり、無段変速の重たい折りたたみ自転車で走るのは結構大変。しかも高校のころ原チャリに乗るようになって以来、自転車にはほとんど乗らなかった俺にとって、20kmという距離はとてつもなく長い距離に思えた。まぁ、そのとてつもなく長い距離を走れるということに軽く感動もしたのだけれど。。。

そんなサイクリング中に、ジーンズ姿にキャップを被ったカッコイイおねーちゃんがマウンテンバイクに乗っているのを見て、「俺もああいうのが欲しい・・・」と思うようになったのだった。



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用