FC2ブログ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

プロフィール

ドン吉

Author:ドン吉
自転車で遊んでいるうちに富士山への登山をきっかけに山登りを少し始めていましたが、家庭の事情により長い時間の外出が難しくなり、自転車も山登りもお休み中。
日々の気が付いたことなどを気まぐれに綴ります。

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

日々の此れ
タイトル「自転車って楽しいねぇ・最近は山登りが楽しいねぇ」あらため「日々の此れ」。家庭事情により自転車も山登りもお休み中の日々の出来事などを気ままに綴ります
【~回想中~】運動しなきゃ!と思ったキッカケ(その4)
2008年の健康のために運動するようになり、自転車に乗るようになっちゃうまでの回想記事です。



~回想中~

前回の続き

禁煙できたときと同じで、キッカケになることが複数重なったことで、

「これは続けられるかもしれない」

と思い、いや、自分に思いこませてウォーキングを始めることにした。


幸い、自営業でしかも暇wということで、夕方4時半頃から仕事を抜け出し、クルマで運動公園に出かけ、30分から40分程度のウォーキングから開始。

毎日同じ景色だと飽きるので、運動公園は秦野市運動公園と伊勢原市の運動公園のどちらかをその日の気分で選ぶようにした。

着るものは、学生時代のジャージを引っ張り出し(よくとってあったものだ)、まずは新しいものを購入しないようにして始めた。

このあたりが、いつまで続くかが自信がないところで、ウェアやシューズを新たに購入してしまうのも、プレッシャーに弱い俺にとっては、

「こんなもの買っちゃったから続かなかった。」

という言い訳にしかならないような気がして踏み切れなかった。

ただ、目標というのが必要だと感じていたので、これまたタンスにあった、ほとんど新品同様の30号のジーンズを引っ張り出し、

・この30号のジーンズがはけるようになること
・体重は60kg以下にすること

を目標に設定。

ちなみに、この時のジーンズサイズは32号で体重は69kg、身長は169cm位。

前年の2007年にはMAX時71kgくらいあったが、70kgを超えて流石に危機感があり、一時期、家にあったステップ運動器具を使い運動をした。65kgくらいから急激に70kg台に増えたからか、68kg位までは比較的簡単に減ったのだが、自分の部屋でステップを踏むのは退屈この上なく長続きはしなかったのだ。

さて目標は達成できるのか?

ウォーキング3日には、だいぶ体も慣れてきて、約3kmのウォーキングのあとジョギング約1.5kmもしてみた。

「一応走れるようになったジャン!」

これに気を良くして、ジョギングの距離を少し増やし、ウォーキング約3km + ジョギング約3km に。
まぁ、ジョギングといっても歩いているのに上下の震動が多くなったくらいだがw


そして

ウォーキング約3km + ジョギング約3km のメニューにしてから、5日目に事件は起きた(大げさだが)!

3kmのウォーキングとジョギングにした5日目、足はかなりお疲れ。太ももとふくらはぎは筋肉痛。足首も痛い。そして膝は、もっと痛い^^;

それでも、歩いて筋肉が温まると痛みもほぐれ、なんとかジョギングすることができた。天気予報では翌日から数日、雨との予報だったこともあり、「休日」となるため、今日は多少無理しても大丈夫だ、という気持ちもあった。

俺と同じ位の時間にジョギングを始めた、とても大きい体のオジサンがいた。俺は、その人を抜いてノルマの3周(3キロね)を終了。

休憩していると、そのおっさんは、4周目行きやがった(笑)。なんとなく闘争心に火がついて?、

「どうせ明日は休むし!」

と、もう1周走ってしまった。もちろんそのおっさんを追い抜き終了したのだが、走り終えた後、

♪ジンジンジン♪ジンジンジジン♪ジンジンジーーン♪♪膝が疼いてるぅ~♪♪

や、やばいかも・・・(つづく)



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

【~回想中~】運動しなきゃ!と思ったキッカケ(その3)
そういえば、昨日のナイトポタリング。夕方だと車の往来が激しいので歩道を通る部分も多いんだけど、昨夜は8時過ぎという時間で車も少なかったから車道をメインに走ってみた。

結果、アベレージ速度がいつもより1,2キロ速かったようだ。凸凹が少ないだけでも車道は走りやすい。


さてさて、前回よりだいぶ時間があいちゃったけど、自転車に乗るようになるまでの話のつづきです。



回想記事

2008年3月の第2週目の土曜日の夕刻、長野県でのスノードライブを楽しんだ帰り道、R20号線を山梨方面へ走りながら今日の劇的に細くなったOさんとの再会を、煙草をやめたときの出来事のタイミングと重ね合わせていた。


2003年の7月、俺はそれまで1日に60本前後吸っていた煙草をやめた。

直接のきっかけは小泉内閣時代のタバコの値上げ当日の夜に買い置きしてあったタバコが切れてしまったことだったのだが、ほかの要因がタイミングよく重なったのだった。

この年の5月に仕事用の車を新車に入れ替えた。車内にしみつくタバコのにおいが好きじゃないので、新車のうちだけでもと、車内でタバコを吸わないように気をつけていたので、

「やめられたらなー」

という思いが心の片隅にあった。

そして、そのまた数ヶ月前には、俺よりもヘビースモーカーだった知り合いのTさんが、禁煙し俺にこんな言葉を残していたのだ。

「夜にさぁ、タバコが切れちゃって、買いに行くのが面倒だったからその日は我慢しちゃったら、吸わなくてもよくなっちゃったんだよねー。」

余裕たっぷりの表情とともに。。。

その言葉を聞いた時点では、俺自身タバコをやめようなんてコレっぽっちも思っていなかったのだが、

「吸わなくてもよくなっちゃったんだよねー」

と言ったTさんの余裕たっぷりの表情が、どことなく憎たらしく思え、心に引っかかっていたのだ。

そんな俺が、2003年の7月、そのときのTさんと同じ状況に置かれた。

「やめられたらいいな」
「Tさんのあのときの余裕の表情、憎たらしかったな~!」
「今日から値上げなんて・・・!」

あのときのTさんの言葉と表情を思い出しながら、「値上げなんかしやがってバカヤロー」と心で叫び、いつもより早く寝てしまうことで、その夜はタバコがなくなったことをごまかした。

次の朝、目覚めてから、吸いたい気持ちはもちろんあったが、気持ちのどこかで

「やめてみるか!やめられるかも!?」

という希望というか、Tさんに負けたくない!思いと値上げに対する抗議(なんのこっちゃ?!)というか、チャレンジ精神というか・・・そんな思いで、禁煙で1日過ごしてみることに。

当然のごとく、イライラして仕事が手に付かないし落ち着かない。が、今日は仕方がないと自分に言い聞かせ、仕事をしなくてもタバコに手を出さないことを選択した。

だが、夕方にはイライラはピークを迎え、このままでは周りの物に当たり散らしそうなのでギブアップし、1本火をつけてみた。

一口目を吸いこんだときの「クラッ」とくるあの感覚、やめてから7年たった今でも覚えている。むさぼるようにというと大げさかもしれないが、とにかく1本吸い終わるのがあっ!と言う間だった。

しかし、吸い終わってもイライラがおさまらない。

「ひょっとしてイライラは、タバコのせいじゃないんじゃないか!?」

そう考えたら、不思議なことにそれ以来「1本吸ってみよう」とは思わなくなったのだ。それっきり、大した苦しみもなく(夢には何度か出てきたが^^;)タバコに火をつけることなく現在まで。今年で丸7年を迎える。

このタバコのときのような複数のきっかけの絡みと今回の「運動してみようかな?」と同じように思えてきたのだ。

「体重が増えすぎて70キロオーバーだよ」
「食べ過ぎて胃もたれになって→散歩してみるか?」
「軽くマラソン・・・あれ?走れないじゃん!」
「やっぱ運動しなきゃいかんかなー?」
「巨漢だったOさんの大変身。余裕の表情でジーンズ29号も入っちゃうもんね!」

ん~こりゃ、今回は運動始めても継続できるかもしれない・・・そう考えるに十分な複数のキッカケができたのだった。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

【~回想中~】運動しなきゃ!と思ったキッカケ(その2)
今週は、天気が良くないですね。週末もあまり天気が良くなさそう・・・自転車乗れるかな?
俺が運動するきっかけになった出来事の続きです。

-2008年の春頃の回想記事です-

このときから、「運動」「衰え」こんな言葉が俺の胸でつっかえているような1週間を過ごした次の土曜日。
この日は、10年前くらいは良く活動していたクルマ関係のクラブが、久々にツーリングをするっていうので参加した。

このツーリングでのOさんとの数年ぶりの再会が、俺の背中を強烈に「ドカン!」と押してくれ、胸につっかえいている「運動」を行動に移すことになるのだが。。。


ツーリング当日の朝、といっても夜明け前だけど。楽しい雪道ドライブとなった。
2008年3月8日クルマのツーリング

待ち合わせ場所のコンビニの駐車場に一番乗りだった俺。コンビニでコーヒーとパンを買ってクルマの中に戻って朝食タイム!

すると、ひとりの小柄な男が俺のほうに向かってニコニコしながら近づいてくる。

「久しぶり!」

親しげに、あきらかに、その男は俺に向かって声を発した。思わず俺は、

「誰?」

そんなに記憶が悪いほうじゃないと自覚しているんだけど思い出せない、というか見覚えがないのだ。すると次の瞬間、その小柄な男は信じなれない名前を名乗った!

「Oだよ!久しぶり!!」

思わず「はぁ~!?」(語尾トーン↑上昇の疑問附ネ!)聞きなれた名前が、見たことない男から発せられたのだ。

俺の知っているOさんは、体重130kgはある巨漢なお人。自分のお腹がクルマのステアリングにつっかえるので、素早い切り返しができないお人。いびきとは思えない騒音で、周囲500mにテントを張った人間が眠れず、朝まで宴会をしちゃうという恐るべきお人・・・今、俺の目の前にいる、この小柄な男とは似ても似つかない・・・

しかし、自分で名乗るからには・・・と思い、よ~く顔を見ると確かに目のあたりに面影がある。話を聞けば、あまりの肥りすぎで昔から無呼吸症候群で健康診断では常に「痩せるように」との注意があったとのこと。

で、あるときダイエット本を1冊購入して、自分なりにダイエットを研究し食事療法を約1年続けた結果、体重が約2分の1の66kgへと ”脱皮”したらしい。。。余談だが体重が軽くなったことで関節への負担が減ったせいか、身長が数センチ伸びたらしいw

肥っていたころの写真という運転免許証の写真を見せてもらったが、パッ見は全くの別人に見える。

「人間って、ホントにこんなに痩せられるんだ!変われるんだ!」

なんとなく眉唾ものに見えてしまうダイエット広告の写真とは違い、「変身」したOさんの姿を目の前にした俺の感想。

当然、その日のツーリングでの話題の中心は、このOさんのダイエット成功話。1日中話していても足りないくらいだった(笑)。


そのツーリングからの帰路クルマの中で、

「先週の散歩とジョギング失敗といい、今日のOさんのことといい、ひょっとして、俺に運動しろ!って言ってるんじゃないのか?」

そんな思いがしてきた。それは、タバコをやめられた、あの時と同じようなタイミングのように感じたからだった。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

【~回想中~】運動しなきゃ!と思ったキッカケ(その1)
昨日の夜の部でちょっと呑みすぎ&夜更かししすぎで今日は一日お休みモード。外は雨だったしね。。。

-回想の記事-

2008年の3月2日の夕方。前日の我が家のホームパーティ(っていうほどおおげさじゃなけど)で手巻きずしを食べすぎて、この日の朝、そして昼も胃がもたれていた俺は、「このままじゃ晩御飯も美味く食べられないや」と思い、体を動かそうと思った。

しかし、「体を動かす=散歩」くらいしか頭に浮かばない。日曜日の夕方、ウチの周りでは、顔見知りのオジサン、オバサンたちがたくさん散歩している時間だ。

そんな時間帯に近所を散歩して、顔見知りのオジサン、オバサンたちに出会うのが、なんとなくそういう年齢の人たちの仲間入りをしちゃうようで抵抗があった俺は、クルマで隣町の伊勢原市の運動公園へと出かけたのだった。

自分が住んでる市内にも運動公園があるだのが、そこもやはり知っている人に会うのがなんとなく嫌で隣町へ。

運動公園へ着くとその周辺を散歩開始!丘の上?にあるこの運動公園は、坂と階段、山道で変化があって気持ちよく歩けた。

これがその階段。ココを登るだけで、けっこう息があがった。
伊勢原運動公園の石段

この運動公園、大学の野球グラウンドが隣接されているせいかランニングしている学生たちの姿もちらほら。。。歩いて2周くらいしたところで

「俺も走ってみようかな?」

「軽いランニング位なら・・・」

と思い、開始!!

ところが、すぐに

「や、やばい!体が重い、足が動かない!!」

数百メーターくらいは走っただろうか?とにかく足が思うように前に出ないのだ。このままじゃ躓いて転ぶと思い、走るのをやめた。ハッキリ言ってすごくショックだったことを今でも覚えている。

もともと、昔からちょい肥り、運動苦手なタイプだったが、25歳位の時は58kg前後だった体重は、30歳過ぎた頃には62kg、それが40歳近くなったころからどんどん増え続け、この当時は70kg前後と増え続けていた。

それに、ここ何年も走った記憶なんて無いんだから仕方がないとはいえ、足が前に出ないという感覚は、明らかに「歳」を自覚させられ、
「このままじゃヤバイんじゃないのか?」と危機を感じるには十分だった。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

【~回想中~】登り坂はやっぱりそれなりに・・・
~2008年春の頃を回想中の記事です~

新しい愛車になったGIANT ROCK5000。世間では廉価版であるが、今までの折りたたみ自転車に比べりゃとても快適!

漕ぎだしは軽いし良く進む。ただひとつ、想像と違っていたのは、登り坂ではそれなりにやっぱりツライってこと。

それまでの折りたたみ自転車は変速ギア無だったので、
「変速ギアがあればこんな坂道でも楽だろうなー」という妄想をいだいていたのだが・・・。

変速ギアはがあると確かに楽。ただ、軽いギアを使うと、その分多くクルクル回さないと前に進んでくれないので、期待していたように登り坂は快適ではなかった、というのが正直な感想。だから運動になるんだけどサ!


2008年5月18日酒匂川サイクリングロード初走行
ROCK5000納車後、1カ月たったくらいから少し冒険(といっても50キロ前後の距離だが)を開始。
写真は、偶然にも2年前の今日5月18日に酒匂川沿いのサイクリングロードに出かけた時の写真。このころから加速的にサイクリングに出かける機会が増えた。

「あそこまで行けるかな?行ってみよう」というプチ冒険的な要素と「こんなところまで来ちゃったけど帰れるかな?」という、ちょっとしたスリルというかワクワクする感じと「俺にもこんな距離が走れた!」という達成感というか満足感が楽しくなってきたのだ。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用