天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

プロフィール

ドン吉

Author:ドン吉
ダイエット・健康管理が目的で乗り始めた自転車が面白くなっちゃった!ドン吉のブログ。
GIANTのマウンテンバイクROCK5000とロードバイクDEFY Advanced3で遊んでます。

最新記事

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

自転車って楽しいねぇ・最近は山登りが楽しいねぇ
増え続ける体重の抑制のために乗り始めた自転車が楽しくなった、神奈川県在住のオッサンのブログだけど、ここ数年は山登りの事ばかりです
ニューシューズ・シェイクダウン・ハイキング・・・
約3年使用した(といっても本格的に履きだしたのは富士登山からだけど・・・)トレッキングシューズの

サイドの表皮に穴が開きだした。
20150322x


ということで、新しい靴を新調\(^-^)/
20150322a
キャラバンC1-02S この靴も初心者向きのソールが比較的柔らかいモノなのだけど、

日帰りハイキングが主な使い道なので、軽量だし、足を入れてみたら履きやすそうだしということで決定。

先週の陣馬山の前に届いていて舗装路を1時間位は慣らし履きしていたのだけど、

山道は舗装路とはまた違うので、仲間との行動時に足が痛くなったりして迷惑をかけてもいけないので

陣馬山には今までのトレッキングシューズを履いていった。


次に皆で行くハイキングまでにはニューシューズを足に馴染ませておかなければならないということで、

3月22日の日曜日、ニュートレッキングシューズ・シェイク・ダウン・ハイキングにGO!


いつもの(?)弘法山-念仏山-高取山のピストンコースで慣らし履きとしては十分なのだけど、

なんとなくつまらない気もして・・・。


そのうち行きたいと思っていた、弘法山から大山への縦走。

そのうち、そのうち・・・と思っている間に、ウチよりも少しだけ弘法山へ近いところに住む

同級生のJ君に「弘法山から大山への縦走」を先に達成されてしまい、悔しいような気もしていたので、

新しい靴と足の具合をみながら、あわよくば大山まで・・・なんてことをひそかに思いながら、

俺にしては珍しく朝8時台に家を出発!

20150322b



ウチから一番近い弘法山への登山口を8時50分にスタート。

裏地がフリースのワークマン謹製シャツを着てきたことを後悔する程の暑さが気になりながら

弘法山に9時10分到着。

休憩はせず、念仏山へと歩を進め、

20150322c
念仏山に9時53分に到着。この写真を撮ってすぐに高取山へと出発。

ここまで靴には問題なし。

しいて言うなら、登り坂でアキレスけんが伸びるときに靴がピッタリフィットしていて足が靴の中でズレないので

左足のかかとに少し痛みというか違和感を感じることがあるくらい。

まぁこれは新しい靴がなじむまでは仕方がないかなぁ・・・といったレベル。

あとは新調した靴であることを忘れている位、快適な履き心地。

入門用とはいっても今まで履いていたモノよりもソールが硬いので、

歩幅が狭くなっているはずだけど、進むスピードには影響はないらしく、

20150322d
念仏山には10時37分に到着。

ここまで歩いてきてけっこう汗をかいたので、ベンチに腰掛け裏フリース地のシャツを脱いでクールダウン。

持参のコーラでリフレッシュして、足も別段問題がないので大山を目指してみることにした。

20150322e
標高556mの高取山から標高1247mの大山を目指すのに、なぜ一度下らなければならないのか・・・

そんなことを考えながら、このあともまた下りがあり・・・

弘法山から高取山までせっかく稼いできた標高は、チャラになってしまったのでは?

みたいな・・・(笑)

20150322f
下るだけ下ったら平たん路になり、

20150322g
ここから大山までは5.5km。結構あるねぇ・・・。

舗装路の林道を横切り、大山方面に続くのは未舗装の道幅の広いジープロード。
20150322h
写真の撮り方が下手で平たんに見えるけど実際には結構な急こう配の坂。

おまけに真ん中にはV字溝まで・・・

頭のネジが数本緩んだような四駆乗りだったら、よだれたらしながらボディを凹ましながら
アタックするだろうねぇ・・・(笑)

でもここはハイカーも歩くところだから荒らさないでほしいので車じゃ入ってこないでね・・・。


先月、この先から蓑毛方面へ抜けようと、夕方16時を回ってからここまで来たときには、

出会ったマウンテンバイクに乗った若者に、

「もう時間が遅いから戻った方がいいっすよ!」

とアドバイスされて泣く泣く来た道を引き返したのだけど、今回は時間があるからねぇ(笑)

アップダウンをいくつか繰り返し、

20150322i
やっと案内板が出てきた。

その先には
20150322j
左折が大山への道らしいけど、直進のほうが整備されてるねぇ・・・どこに続いているのだろうか?

木の根っこだらけの道を抜け、
20150322k
平和そうに見える尾根道を進むと、左折が蓑毛方面、右折が阿夫利神社の下社方面、

そして、ちょっと大げさに言えば壁にも見えなくもないような急登の直進が大山山頂方面・・・(泣)
20150322l
ニューシューズのグリップ力を発揮しながら、グイグイと・・・

グイグイと・・・

進もうとするのだけど、一向に足が前に出なくなってきてしまった。

おまけにふくらはぎあたりが、時折ピクついてきだした。

原因は暑さと疲労・・・多分。。。

すでに、ここまで来るのに8km以上は歩いてきているハズなので、

当たり前と言えば当たり前。

とりあえず、今いる急登な坂だけでもクリアしないと、

休憩するにしても気が休まらないのでヨチヨチ歩きみたいになりながら歩き続け・・・

なんとか急登をクリアできた頃、下界でなるチャイムが正午を知らせてくれた。


フラフラになっていることだし、チャイムを聞いた俺の胃が、パブロフの犬状態で、

グーグー言い出したので、腰かけるのにちょうどよい切り株があるところを見つけ

休憩&早弁^^;

持参したおにぎり4個のうち2個だけ食べ、残りの2個は山頂でのお楽しみにして

歩き出す。


少し休んだだけだけど、結構元気になるもので、あと1時間で山頂へ到着しよう!と

気合が入る。このとき12時20分。

20150322m
こんな岩場を登りながら、昨年、蓑毛から登ったときの記憶がよみがえってきて

「まだあんなところやあんなところが・・・あれ?山頂までは難関がいくつもあるなぁ・・・」

ということを思い出し、少し憂鬱になったりもしながら・・・

20150322n
俺が勝手に8合目とだと思っている(笑)16丁目追分に到着。

さぁ、あとひと踏ん張り!

と休憩もせずに進みだしたのだけど、あとひと踏ん張りどころか、

ふた踏ん張りも、み踏ん張りしてもなかなか頂上が見えてこない^^;

またまた足が進まなくなり、頭も少しボーっとなってきたので、

ワークマン謹製裏フリース地のシャツを脱いで、下着代わりの速乾性の長袖Tシャツ1枚になって

涼しさを、いや少し寒さを感じながら、山頂まで気合をいれて・・・
20150322o
鳥居が見えてきて、右足を1つ上の階段に踏み上げたとき・・・

きたーーーーーーーー!

太ももの内側の筋肉がキューっ!

続いてふくらはぎの筋肉がキューっ!

右足が攣った(笑)

なんとかその場で倒れたり座り込んだりすることなく^^;

山頂へ到着!12時21分

と、同時に雨がポツリポツリ・・・

20150322p

20150322q

20150322r
これらの写真を撮っていたら、雨がみぞれに変わり、いや雪が舞いはじめ・・・

3枚目の写真の向こうに写っている空は青空なのにねぇ、ちょうど頭上のところに黒い雨雲?雪雲?が・・・

寒いし、大粒の雨なのかヒョウなのか雪なのか分からないものは落ちてくるので、

休憩するにも、早弁した残りのおにぎりを食すのにも屋根が欲しかったので、

多少埃っぽかったけど、神社の建物の軒に敷物を敷いて陣取り休憩。

さっきまで暑くて汗かいていたのがウソのようで、裏フリース地のシャツを着ただけでは寒くて

防寒用のアウターもひっぱりだして着る始末・・・。

近くではやり昼食をとっていた白髪のオッサンが、

「今日はこんな天気のはずじゃないのに!」

と怒っていたけど、山の天気だからねぇ・・・

怒ってもしょうがない(笑)

しばし休憩後、寒いし天気が良くなりそうでもないので、早めに下山することに。

20150322s
下山前にトイレに立ち寄ったついでに撮った写真。青空が写っている(笑)

でも撮影している俺の頭上では大粒の雪交じりの雨が降っているんだよねぇ^^;

下山するにあたり、山頂にいる周りの人の姿もレインウェアが多くなっていたので、

俺もレインウェアを着るかどうか迷ったのだけど、最近の化学繊維の衣類って結構水をはじくし、

レインウェアを着るとどうしても蒸れるからねぇ・・・

もう少し様子を見ることにして、レインウェアは着用せずに下山開始。12時50分

髪の毛が短いので帽子は被りましたよ(笑)

少し降りたところで、暑くなりはじめたので防寒着のアウターは脱いで体温調整。

雨は激しくはならなかったけれど、相変わらず大粒のヤツが降っていたけれど、

ワークマン謹製裏フリース地のシャツも結構水をはじく・・・すごいぞ!化学繊維!!

雨の具合によっては、阿夫利神社の下社のほうへ下山してケーブルカー・・・

とも思っていたのだけど、どうみても下社方面には厚い雨雲がかかっていて、

弘法山方面の空は青空・・・

ってことで往路をトレースして帰ることに決定!!


雨で濡れ始めた岩が滑りやすく、3度ばかり尻餅をつくハメになり・・・

おニューシューズのソールは岩場では滑りやすいぞ!


幸い、雨は小降りになってきたようだけど、今度は雷様がお目見え・・・

後方から雷様の声援を受けながらイヨリ峠まで帰ってきた。15時20分。

雷が気になるけれど、足が疲れたので、丸太のベンチに腰掛け数分休憩してから、

高取山へと歩き始め・・・

このころには、雷様声援が横から聞こえる感じになり・・・

「ヤバイかな?やばいかも・・・」

不安がよぎる・・・

けど、ここは山の中。どうすることもできないしねぇ。

目指す念仏山、弘法山の方角は相変わらず青空が広がっていたので、

慌てず、ビビらず、できるだけ速く・・・(笑)

高取山には15時39分に到着。

相変わらず雷様を気にしながら、念仏山へ向かう。

念仏山に到着するころには、頭上は青空になり雷様の声援も聞こえなくなってきてホッと一息。

念仏山到着16時15分

雨も雷様からも逃れられたし、明るいうちに弘法山まで帰れるメドもたったので

すこし安心した事もあってか、急に疲れと足に痛みに気づいてしまい・・・(笑)

20150322t
草花の写真を撮る心のゆとりも出てきた(笑)

足を労わりながらスローペースで歩き、弘法山に向かう最後の登り坂の前にある自販機で

アクエリアスを飲みながら休憩したりしながら、弘法山には17時12分に到着。

少しベンチで休んでから、弘法山を下山。。。
20150322u

住宅街を家に帰る途中で渡る東名高速の陸橋から・・・
20150322v
毎週のことながら、ホント混むねぇ・・・

20150322v
いやー今回は良く歩いたねぇ。。。

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://chikirock.blog106.fc2.com/tb.php/756-b1cb1f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)