天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

プロフィール

ドン吉

Author:ドン吉
ダイエット・健康管理が目的で乗り始めた自転車が面白くなっちゃった!ドン吉のブログ。
GIANTのマウンテンバイクROCK5000とロードバイクDEFY Advanced3で遊んでます。

最新記事

最新コメント

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

自転車って楽しいねぇ・最近は山登りが楽しいねぇ
増え続ける体重の抑制のために乗り始めた自転車が楽しくなった、神奈川県在住のオッサンのブログだけど、ここ数年は山登りの事ばかりです
2月15日のハイキングは天城山・・・
ハイキング気分で登る日本百名山シリーズ?の第3弾は静岡県の天城山へ。

2月15日の日曜日。快晴!

箱根越えの道路は心配された凍結も無く、いつも山登りの時にお世話になっているブンちゃん号で

天城高原ゴルフ場入り口のところまで到着。

ただ、駐車場まであと100メートルと少しというところが凍結路面になっていたので無理をせず、

安全なところに車を停めることに・・・。


今日のメンバーは総勢6名。

仕事の都合で、スタッドレスタイヤ装着のマイカープリウス号で俺たちより先に到着していたK君に

ピストン輸送してもらい登山口のあるところに到着。

20150215a
登山口にたどり着くのに渡らなければならないアイスバーン。

K君がアイスバーンにのって滑って遊んでいる?のを見ながら、

どう渡るのが安全か?

と考えていたところ、

20150215b
俺たちから少し離れたところで準備していた他の登山者がアイゼンを装着して入山。


ということで、我々もアイゼンを装着してから入山することに。
20150215c


事前に”予習”をしておこうと思い、ヤマレコなどで他の人の天城山登山のレポート写真をみていたら、

前週にもすでに積雪があったようで、掲載されている写真の登山道は雪だらけ!

こりゃ、いかん!!

と急きょインターネットでアイゼン探し(笑)

さるとりえんじ登山部でもっとも登山の経験のあるK君からのアドバイスも参考に発注。


もし、このタイミングでアイゼンを準備していなかったら、

俺の天城山登山は、登山道への入り口のこのアイスバーンを目にした時点で 

”終了~!”

となっていたはず・・・。助かったねぇ^^


9時45分頃入山。登山道はのっけから
20150215d

20150215e


こんな状態で、俺をはじめとして、「初めてのアイゼン」な人が多かったので、

ザクっ、ザクっ、というアイゼンの爪が、雪に、氷に、刺さる感触が気持ち良い新感覚過ぎて、

みんな キャン!キャン! ♪犬は喜び駆けずり回る♪ 状態で歩くペースが速い(笑)

どこをどう歩いてきたかあまり意識がないうちに、

あっ!っという間に四辻の分岐。
20150215f
ここから万二郎岳を経由して万三郎岳まで3.7kmの道のり。

このあとも、アイゼンのザクっ!ザクっ!の心地よさにウキウキしながらしばらく歩くも

そのうち、気持ちのウキウキと裏腹に、肉体の方が疲労に気づいてしまい・・・。

子供だったら気持ちのウキウキの持続に肉体もついてイケるのだけどねぇ。。。


20150215g
人があるいて踏み固めたところを外れると、意外に雪が深い・・・

結構な登りもこなしながら、
20150215h
無事に万二郎岳に11時15分頃に到着。

記念撮影を済ませて、万三郎岳へと出発。
20150215i
万三郎岳へは、せっかく登ってきたのに万二郎岳からかなりの急こう配を一度下り、

尾根道を歩く。

20150215j
そんな尾根道から出発してきたゴルフ場が見えたりして・・・

20150215k
馬の背に11時38分。

万二郎岳(標高1299m)よりも約100mも高い万三郎岳に登るのに、一度下っちゃっているのだから、
20150215l
当然、急こう配を登る必要があるわけで・・・

20150215m
こんな梯子も出てくるわけで・・・

20150215n
日当たりが良いところでは、雪がないところもあるわけで・・・

20150215o
でも幸いにして、ビチャビチャな雪解けになっているところは一か所もなく、

20150215p
終始アイゼン装着のまま歩けて、靴をはじめ足元が汚れたり濡れたりすることはなかった。

急登に苦しめられながら
20150215q
万三郎岳(標高1405m)に到着。12時42分。

20150215r
眺めが良いところではないけれど、ベンチもありランチタイムには最適だったねぇ。

今日のルートはぐるりと周回するコースなので、
20150215s
来たルートとは違うコースで下山開始。

やっぱりかなりの急こう配。アイゼンを付けているとはいえ、

滑らないように一歩一歩注意しながら・・・。

20150215t
山肌をぐるりと一周するような道。人ひとり分の道幅しかない。

20150215u
天然の氷柱も見ることができたりして・・・

20150215v1
最後はかなりヘロヘロになりながら、登山道入り口まで戻ってきた。15時42分


本日のルート
20150215v

本日の標高図
20150215v2
同行者のアイホンやスマホの記録と比べて俺のスマホはGPSチップの精度が悪いらしく、

2割~3割程度、実際の距離よりも多い記録となっているようだ^^;

案内板の距離をたしてみると、約8.4kmが正解らしい。


今回も楽しい山登りができ、さるとりえんじ登山部の皆さんに感謝です!

また次回もよろしくお願いしますm(_ _)m


20150215x
帰路の箱根新道からの富士山・・・










スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用