FC2ブログ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

プロフィール

ドン吉

Author:ドン吉
自転車で遊んでいるうちに富士山への登山をきっかけに山登りを少し始めていましたが、家庭の事情により長い時間の外出が難しくなり、自転車も山登りもお休み中。
日々の気が付いたことなどを気まぐれに綴ります。

最新記事

最新コメント

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

日々の此れ
タイトル「自転車って楽しいねぇ・最近は山登りが楽しいねぇ」あらため「日々の此れ」。家庭事情により自転車も山登りもお休み中の日々の出来事などを気ままに綴ります
フロントディレイラー最終?調整・・・
昨日のポタリング中に江の島でお茶を飲みながら調整したフロントディレイラー。

R1やR134などの平坦が多い整備された道路では、いくらプアーな脚力な俺でもフロント50T×リア5速17Tでは、足が回りすぎて攣りそうになる。

フロント50T×リア6速15Tあたりがちょーどイイのだけど、フロントディレイラーのチェーンガイドに当たってガリガリ音が気になる。


以前よりフロントアウター×リア6速以降では、この現象が出ていたのだけどチェーンを新品にしたせいもあってか、やけに気になって気になって。。。

一度気になり始めるとどうしようもなくて・・・。

でも、この前リアディレーラーをイジって失敗しているので、ましてはポタリング中に出先でイジって、終始がつかなくなったらどうしようという不安も。


ペダルを漕ぎながら心の中で、

「江の島で休憩時にフロントディレイラーイジってみてもいいかな?」

と、DEFYに訊いてみた^^;ら、

「イジってみたらいいんじゃね?」

って、答えてくれたように感じたので、トッチラカラないように、無理なイジり方をしないように注意をして。


ディレイラーの仕組みを考えれば、ワイヤーをひっぱった時に、チェーンガイドがアウター側へリフトするんだから、ワイヤーをちょっと張る方向に修正すればリフト量が増してチェーンと擦れなくなるハズ。

そう考えて、ワイヤーを少し張ってみたらGoodで、カリカリ音がしなくなり機嫌よく帰還した。


ただね、欲をいえばもう少し細かく調整したいところもあったので、帰宅後に最終調整。

20120709a

フロントインナー×リアローにチェーンをかけて、
20120709b
ガイドとチェーンの隙間を内側のスクリューネジを回して調整。

次に、フロントアウター×リアトップにチェーンをかけて、
20120709c
ガイドとチェーンの隙間を外側のスクリューネジを回して調整。

あとは、フロントアウター×リアローのときのトリム時のガイドの動きを確認して・・・。

基本はこれでオーケー、のはず。


リア側が、10段も行ったり来たりするわけだから、一番ロー側と一番トップ側ではガイドにチエーンが触れる位になるのは致し方がないことろのようだけど、チェーンは負荷がかかると外側へ少し逃げる?ようなので、ロー側ではガイドに多少触れていても、実際に漕いでチェーンに負荷がかかると隙間ができるようだ。


自分的には満足な調整が出来たのだけど、間違いなどあったら指摘&アドバイスをお願いしますm(_ _)m


自分でイジりだすと、愛着も増して楽しさも増すんだよねぇ^^



ポチっ。お願いです。
スポンサーサイト




テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用