天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

プロフィール

ドン吉

Author:ドン吉
ダイエット・健康管理が目的で乗り始めた自転車が面白くなっちゃった!ドン吉のブログ。
GIANTのマウンテンバイクROCK5000とロードバイクDEFY Advanced3で遊んでます。

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

自転車って楽しいねぇ・最近は山登りが楽しいねぇ
増え続ける体重の抑制のために乗り始めた自転車が楽しくなった、神奈川県在住のオッサンのブログだけど、ここ数年は山登りの事ばかりです
プリウスPHV
先日、車の点検でディーラーに行ったところ

めずらしく、乗ってみませんか?

と、出たばかりの50系プリウスPHVに試乗させてくれた。

20170410
先に出た充電できない50系プリウスよりも

フロント&リアともにデザインがフツーで、

こちらの方が万人向けかな?

ちょっぴり高級感も上と感じる。

車内に乗り込むと、

ドドーンと居座る11インチで縦長のナビ画面に

驚くけど、横長のナビを見慣れているせいか

縦長の画面がなんとなく目障り(笑)


試乗前にフル充電しておいてくれたらしく

エンジンがかかることはなく

バッテリーでのモーター駆動でスタート。

いつもの平たん路だけではなく、

関東大震災でできた湖につながる

山坂道も走らせてもらったが、

登り坂で加速をしても、エンジンはかからず

モーター駆動のみでグイグイ加速するのには

驚いた!

登り坂での高負荷状態で、

試しにアクセルを床まで踏んづけてみたら、

エンジンが始動したけど、一般道の山坂道なので

エンジンがかかる頃にはアクセルを緩めてブレーキを

掛けないと怖いくらいのスピードが出ていた。

EV走行時は、充電できないプリウスとは全く別物で

これだけ力強い加速が楽しめると、アクセルを

ついつい踏み過ぎてしまいそうだねぇ^^;

それだけに、充電分のバッテリーが終わり、

ハイブリッド走行に変った時のギャップがあるのかないのか?

そこが知りたい気がするねぇ。

これからは、充電できるハイブリッドが

主流になっていくのかもしれないし

楽しみでもあるのだけど、

変わり者の俺としては、

ただのトヨタのハイブリッドTHSの

アクセルワークで路面の状況を読みながら

EV走行とエンジン走行を自分で選択しながら走る

っていう、パターゴルフ的な楽しみが気に入ってるしねぇ。

充電できるプリウスのEV走行は、

トルクのあるガソリン車と同じ、ゴルフの打ちっぱなしのような

楽しみ方ができるモデルかな?といった印象。

乗り心地は、流石にTNGAプラットフォーム。

昨年、半日ばかりお借りした充電できない50系プリウスの時も

思ったのだけど、俺の感覚だとクラウンのようなサスの動きで

ソフトな乗り心地。

ただ、今回の試乗車はオプションの17インチのタイヤだったので

前回お借りした15インチのタイヤのものと比べるとかなりゴツゴツ感があった。

結果、細かい凹凸のあるアスファルト路面の一般道を走る限りは

今乗っている41プリウスαと変わりがないように感じたねぇ。

でも充電できる、このPHVがもう少し価格がこなれてきて、

ワゴンボディででも出てきたら、かなり欲しくなるかも?!


三菱のアウトランダーのPHEVが出たとき、即試乗に行って

しばらくは買う気でいたもんなぁ(笑)







スポンサーサイト

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

プリウス・・・
気が付けば年末。

なんか年末って気がしないんだよねぇ

今年は特に・・・

暖かいせいかな?

歳のせいなのかな?


さて、新型の50型プリウスが出たねぇ
20151229

噂では、ハイブリッドシステムが

刷新されてTHSⅢになるなんて

言われてたけど、フタを開けてみたら

従来のTHSⅡの改良型で

なんとなくホッ!とした気持ち。

だって、大幅に良くなってたら

悔しいもんねぇ^^;


一方で、とても気になっているのが

こちらはすっかり刷新されてしまった

プラットフォーム。

略称をローマ字読みしちゃうと

男性用大人の玩具の名称みたいに

読めちゃうという、

トヨタニューグローバルアーキテクチャー

のこと。

乗り心地や剛性が大分よくなったというので

やっぱり乗ってみたくなるねぇ・・・。


トヨタのハイブリッド車については、

「面白くない」

とか

「自分の意思通りに走らない」

とか

目の肥えたセンセイ方の文字や声が散見されるけど

実際にオーナーとなって乗っている感想としては


従来の、

大排気量で

多気筒の

ハイパワーで

大トルクをもつ

車を

ゴルフでいうところの

ドライバーショットのような

楽しさと例えるなら、

プリウスの楽しさは、

パターゴルフ的な楽しさ。

といったところかねぇ。

まぁ俺はゴルフはやらないのだけどでねぇ(笑)


前方に見える信号は青のうちに通過できるのか?

登り坂なのか?下り坂なのか?

前を走る車との車間距離、

バッテリー残量の具合・・・

そんなことを加味しながら、

ココはモーターだけの力で走るか?

エンジンをかけて加速するのか?

そんな自分の読みがピタリとはまり

効率よくエンジンとモーターを使えた

(と思える)時の気分の良さ(笑)


そんな楽しみに気づいてからは

結構楽しく乗れてます^^


こんどの50型プリウスはどうかねぇ・・・

従来だと75km/h前後でモーターオンリー走行は

解除されちゃうのだけど、新型はもう少しイケるらしい。

一度試乗に言ってこなきゃいけないねぇ(笑)


欲しくなってしまったらどーしよ?

そんなことを悩みながら新年を迎えたいと思います。


2015年、今年もお世話になりました。


多分、おそらく、きっと、このブログ続けると思うので^^;
来年、2016年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m



テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

下回りの覗いてみたら・・・
20151004

続きを読む

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

5年ぶりにタスクラリーに参加・・・
ジムニークラブの東京支部や岡山の新見支部が主催している

タスクラリーに5年ぶりに参加させてもらった。

最初はKさんの助手席での参加の予定だったのだけど、

1転、2転くらいして(笑)、結局プリウスα号で、

2009年と2010年の相方とのコンビ復活での参加に・・・


8月30日(土曜日)の朝に岐阜の

「道の駅古今伝授の里やまと」をスタートとなるので、

懐事情的には、生息地を早朝スタート・・・としたいところだけど

寄る年波には勝てず、前泊することに・・・

前泊の宿は、ホテル郡上八幡の別館、宝泉。

素泊まりで、10畳の畳の部屋で、大浴場は露天ぶろ付き!

それでいて、お値段はビジネスホテル並み・・・

ラッキーだったねぇ^^



翌朝、8月30日、朝8時過ぎにスタート場所の

道の駅古今伝授の里やまとに到着。

5年ぶりに再会となる方々や、はじめましての方々にご挨拶をして

20150905a

ジムニーばかりのなか、ポツリと端っこにマイカーを止め(笑)

スタート時間を待つ。


8時30分、あみだくじで、あらかじめ決めたスタート順で5分おきにスタート!

我々は5番目のスタートだったので8時50分にGO!


出発前に燃料満タンにしたときにリセットしたトリップメーターは、

ラリースタート時に400kmを表示。

計算上は、ゴールするまで無給油で走り切れるはず・・・



今回の遊び、タスクラリーとは、道の駅への立ち寄りをタスクとして、

Aステージ、Bステージ、Cステージにそれぞれ選択肢があって

ステージごとに指定された数の道の駅を廻り、

ゴールは今夜の宴会場所となる民宿。


スタート数日前に後追いで発表される、-30分や-60分となるボーナスタスクも

あったりして、自分たちの選ぶルートにどう組み込んでいくのかも面白いところ。

また、ペナルティーも用意されていて、BステージとCステージの選択肢のうち、

一番多く参加者が立ち寄った道の駅は+30分のペナルティが課せられたり、

一応ジムニーのイベントなので、スズキのオフロード四駆以外の車両での

参加の場合は、Cグループの選択肢を一か所多く回ってゴールしなければならない

というハンデも課せられる。

まぁ簡単にいうと、そんなイベントである。


Aステージの選択肢には、
道の駅 狼煙
道の駅 ウェーブパークなめりかわ
道の駅 利賀
道の駅 サンセットパーク内灘
があって、この中から1っ箇所立ち寄る。

わがチームは、Aステージに「道の駅 サンセットパーク内灘」を選択。

20150905b

ここからBステージに向かう途中に、出発の数日前に発表になったボーナスタスク、

「モーゼパーク モーゼの墓で記念撮影 -60分」

に立ち寄り。

20150905c
この案内図が簡略化しすぎていて、

肝心なモーゼの墓へたどり着くのに右往左往^^;

伊達に-60分のタスクは簡単じゃなかった・・・


そして、もうひとつのボーナスタスク、

「羽昨 擬音岩 ジョジョポーズにて記念撮影 -30分」

もゲット!

20150905d

ジョジョポーズってなんだ?ってなことも調べながら、

ナビにジョジョボースをしてもらって写真とったのだけど、

ナビの名誉もあるので、此処では擬音岩だけね^^;


ステージBは2か所立ち寄り。

選択肢は

道の駅 のとじま
道の駅 千枚田ポケットパーク
道の駅 すずなり
道の駅 とぎ海街道
道の駅 新湊

とあって、わがチームは

「道の駅 とぎ海街道」



「道の駅 のとじま」を選択。

20150905e
道の駅 とぎ海街道

ここから、「道の駅 のとじま」に向かう途中に、

またまたボーナスタスクを・・・

七尾 「湯乃鷺駅」
駅ホームの「湯乃鷺駅」看板前で
できるだけ痛いポーズで記念撮影 -30分

20150905f
ここで、嫌がるナビに「できるだけ痛いポーズ」をしてもらい撮影

ゴール後の判定会では、

「あまりイタイポーズじゃない!」という評価だったけどねぇ^^;

これもナビの名誉のために写真は駅の看板だけで^^;


そしてもう1っ箇所のBステージ
20150905g
道の駅のとじま

順調にタスクをこなし、いよいよCステージへ・・・

我々はスズキのオフロード四駆以外の車種での参加なので、

ほかのみなさんより1っ箇所多い、3つの道の駅を周らなければならない・・・

Cステージの選択肢は

道の駅 能登食祭市場
道の駅 ころ柿の里しか
道の駅 織姫の里なかのと
道の駅 いおり
道の駅 輪島ふらっと訪夢

このあたりまで来ると、おのずと選択する場所が限られてくるのだけどね^^

道の駅 能登食祭市場
20150905h

道の駅 いおり
20150905i

道の駅 織姫の里なかのと
20150905j

を、ほぼ渋滞に巻き込まれることなく回り、

ゴールの宿、
20150905k
民宿 浜弥 へ到着・・・

ラリーでの走行距離は、約346km。

トリップメーターは746kmを表示。

燃料ゲージは到着時にひとメモリ減って、残りひとメモリに・・・

なんとか無給油でゴールできたよ\(^ ^)/


全員のゴールを待って宴会開始!

20150905l
ひとり一尾のアジ、サザエ、ハマグリ、イカ、エビetcの炉端焼きに、

20150905m
土俵入りのように両腕を広げたサイズの舟盛りの刺身、

なんとウニもひとり1個ずつ!


実は2008年のタスクラリーも此処がゴールで、

みんな豪勢な食事にビックリしたわけ!

それで、久々に行きたい!となって、今回もココになったらしい・・・

唯一残念だったのは、今回は別のグループの人たちが早くから

カラオケを始めてしまったので見れなかったのだけど、

2008年に行ったときは、

宿のおやじのワンマンショーも見れた

20150905o
三度笠姿で歌っているところ^^;

このほかマドロス姿で歌ったりもしていたので、

今回もちょっぴり楽しみにしていたのだけどねぇ・・・

残念。。。



大宴会の翌日は、みんなで昨日も立ち寄った

能登食祭市場に行って、土産物などを買ったりして

解散となり・・・

我々は、ひとメモリになっていたガソリンを給油してから、

和倉温泉にある昭和博物館とおもちゃ館
20150905n
に立ち寄って、幼少時代の懐かしさに浸ってから帰路へ・・・

帰路は、安房トンネルを通って長野の松本インターから中央高速を走るルートをチョイス。

8月最後の日曜日ということもあって、渋滞が心配だったけれど、

幸いにして渋滞に巻き込まれることなく無事帰還。

総走行距離1200kmとチョットという2泊3日の面白い旅でした。

ジムニークラブのみなさん、お世話になりましたm(_ _)m


2015年ゴールデンウィークのまとめ・・・
2015年のゴールデンウィークをまとめて・・・^^;

20150502golden1

20150502golden2

20150502golden3

20150502golden4

20150502golden5

20150502golden6

野山に咲く、お花のおベンキョー有り~ぃの、



20150502golden7

20150502golden8

宴会&カラオケ有り~ぃの、


20150504golden9

昼チャリ有り~ぃの、



20150504golden11

鯉のぼり有り~ぃの、



20150504golden10

取り締まり有り~ぃの。


以上、コールデンウィークのダイジェストでした。